目元が気になる方へ|ぱっちり二重を手に入れられる大塚美容外科

自信を得よう

女性

肉体的なコンプレックスはダイエットで改善もできますが、自分自身の努力で改善できない問題もあります。そのときは美容外科で施術を受けることによってコンプレックスを解消して自信を取り戻すことができます。

More Detail

しわを消すために

ウーマン

年齢を重ねるたびに深く刻まれるしわは、美しさにおいて非常に憂鬱なものであるでしょう。そのため、様々な方法でこのしわを改善出来る事が出来るのです。近年一般的なのが、注射による方法です。

More Detail

目元から若返る

目

加齢とともに目の下のたるみは増していきます。目の下のたるみは疲れて見えたり老けて見えてしまうため、なんとかして解消したいと思う人が多い悩みです。たるみに効くといわれる化粧品も多いですが、効果が高いのは整形です。整形と一口にいっても、メスを使わないプチ整形とよばれるものから、切開手術を行うものまで様々です。一般に、ヒアルロン酸や脂肪などを注射する方法は、費用も安くダウンタイムも少ないので手軽ですが、効果が持続しないというデメリットもあります。切開手術を行うものは、効果が長続きするためうまくいけばたるみのない目元が手に入りますが、費用が高いことと医師の腕に出来映えが左右されるのが欠点です。費用や目的に応じて、カウンセリングをしっかりと行った上で方法を選ぶことが大事です。二重を手に入れたいという方は、大塚美容外科の治療に注目です。確実な効果を得られる治療法により、ぱっちりした二重を手に入れることができます。大塚美容外科ではカウンセリングも充実しています。事前にクリニックへ問い合わせてみましょう。

目の下のたるみをとる方法は様々なものがありますが、整形による方法が人気なのは確実な効果が得られるためです。化粧品などによる方法では、効果がでるのに時間がかかりますし、はっきりとは効果がわからないことも多いです。しかし、整形による方法ならば確実に目の下のたるみを解消することができます。方法によってはダウンタイムが発生しますが、ダウンタイムがあければ即変化がわかるという効果の早さも魅力です。また、近年流行のプチ整形は少し高価な化粧品を購入し続けるのと遜色ないくらいの安い費用で行うことができるので、行いやすいという理由もあります。プチ整形ならば手術時間やダウンタイムも少なく、傷跡も目立たないためより手軽です。

手術でたるみを改善

医者

目の下のたるみをとる手術として脱脂法とハムラ法があります。脱脂法は20万円から30万円、ハムラ法は30万円から40万円が相場です。目の下のたるみ治療を得意としているクリニックなどがあり、クリニック選びや医師選びは慎重さが重要です。

More Detail